カードローンを利用するためには審査を受ける必要がありますが、なかにはどうしても合格できな人も存在します。カードローンの審査が通らない原因は人それぞれに違いますが、ここでは代表的なものについて説明しておきましょう。
まず借入希望額と実際の収入に開きがありすぎる場合は、カードローンの契約が厳しくなるのは当然です。銀行や消費者金融は慈善事業をしているわけではないので、返済能力が乏しい人にお金を融資することはまずありません。また収入に直結する勤務形態も重要です。パートやアルバイトよりは正社員のほうが、さらに民間の会社員よりは公務員のほうが、審査においては有利になるとされています。
収入以外の部分では信用力にも重要な要素です。たとえば勤続年数はその人の安定性を示す指標ともなります。数カ月しか同じ場所で働いていない人と、何年も同じ職場で働いている人のどちらが信用できるかと言われれば、後者のほうになるのは仕方のないことです。勤続年数があまりに短い時は、カードローンの利用は難しいと考えておいたほうがいいでしょう。
さらに申し込みを短期間の間に繰り返している人も要注意です。そのような人はかなりお金に困っているとみなされるため、金融機関からカードローンの利用を断られる可能性が高いのです。このような状態のことを申し込みブラックといいます。各金融機関への申し込み状況は信用情報機関を通して筒抜けですので、一度に多数の金融機関に申し込むのは絶対に避けましょう。

カードローン審査甘いのは明確に比較できる?はこちら